【重要】熱中症対策について


このところ日差しがきつくなってきました。
時期的には熱中症について軽く考えがちな季節ではありますが、
団員/団員保護者の皆さまにおかれましても、以下の予防・対策を行うようにしてください。

  • 涼しい服装
     風通しのよい服装を心掛けてください。
     体熱を発散しやすい衣類を着用するようにしましょう。

  • 水分/塩分補給
     激しい運動により大量に汗をかきますが、発汗量に応じた水分補給を心掛けましょう。
     また、汗にはナトリウムが含まれますが、水だけを補給すると体内の
     ナトリウム濃度が薄まり、それ以上濃度を下げないよう水を飲もうと
     いう気持ちがなくなります。
     塩分(を含む水分)も同時に補給して効果的に水分を採るようにしましょう。

  • 無理をしない
     いつも子供達は夢中でボールを追いかけて走り回っています。
     子供達自身で「暑い」「喉が渇いた」「調子がおかしい」という事に
     気付き、アラームを上げてくれればいいのですが、夢中で動き回る子供の中には、
     自分の体調の変化に気付かないケースもあります。
     指導部は特に注意を払いながら接していますが、保護者の方も何か気付いた
     事があればすぐに子供達に体調を確認してみてください。
     また、子供達にも「体調がおかしいと思ったらすぐコーチ(チームメート)に伝える」
     よう周知をお願いします。

    もし熱中症にかかってしまった場合、以下のように応急処置を行ってください。

    heatstroke

    熱中症応急処置 (PDF 628KB)

    「自分が熱中症になるわけがない」という気持ちが、熱中症になる一番の原因かもしれません。
    誰にでも熱中症になるリスクがある事を認識し、楽しくサッカーができるよう気持ちの準備を行いましょう!

    この記事が気に入ったら
    いいね!お願いします!