ルール改正

U10 担当の池田です。

先月、事務局より競技規則2019/20の改正についての連絡がありましたが、
その中に衝撃のルール改正がありました。

第16条
・ゴールキックのとき、けられて明らかに動いたならばボールはインプレー
 となり、ペナルティーエリアから出る必要はない。

分かりやすく言うと、従来のゴールキックはペナルティエリアの外に蹴る
必要があったのが、ペナルティエリアの中にいる選手にボールを出すことが
可能になったということです。しかも相手側の選手はボールが動くまでは
ペナルティエリアの外側にいなければなりません。

これって今のU10にとってはかなりの朗報です。
これまでのゴールキックを相手にパスしてそのままゴールされるといった
場面を、やり方によっては回避できるかもしれないからです。
キックオフのようにちょいだしからドリブルで持ち出すようなプレーも
可能になってきます。

JFAの競技会やJリーグでは夏頃からの適用開始のようですが、
これ以外では遅くとも、2020年4月41日までに適用開始ということなので
1日でも早い適用を願いつつ、準備だけはしておこうと思っています。

その前に、ちゃんとボールを蹴れるようになるのが先やろという声が聞こえて
来そうなので今日はこの辺にしておきます。

次は藤田さんお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!