夏の振り返りとこれから

こんにちは。U12担当三ツ江です。

卒団生の高校生にもまだなんとか負けてないな思います(笑)
いずれ彼らが高2、高3と上がっていくと、勝てないと思う日が来ることを期待する反面、負けたくない気持ちも半分ありますね!

さて、タイトルの通りまずは夏の振り返りから。

U12の夏は大会の連続で怒涛のスケジュールでした。気づいたら夏休みが終わっていた感覚です。。
若葉旗からの流れでチームをもう1ランク上に!という思いとは裏腹に、なかなか思うようにいかなかったのが正直なところ…
夏が終わって一旦冷静に考えてみると、選手達との意思疎通がうまく出来ていなかったと思いました。
こどもの気持ちをのせることの難しさを改めて痛感しました。
連続していた大会が終わってから、選手達に自分の思いや反省点、今後どうしたいか真剣に伝えました。それ以降、なんとなく選手達からスッキリした様子が伺えます。(ただ大会が終わってリラックスしただけ?それとも自分の思い込み?(笑))
いずれにしても、選手達がベストのパフォーマンスを発揮できる環境を整えることが大切だと思いました。
それは決してゆる〜い雰囲気を作るという訳ではなく、「サッカーが好き」「サッカーが楽しい」という気持ちを引き出せる雰囲気を作ることだと思います。

続いてこれからについてですが、モヤモヤした夏が終わり、9月に入ってからチームの活気は高まってきていると感じています。
特に練習の雰囲気はとても良いと感じています。この良い雰囲気を試合でも継続することができれば、自然と結果もついてくるはず。
今は、練習でみせているパフォーマンスを試合でどこまで発揮できるかが楽しみです。

次はU11和泉監督です。

この記事が気に入ったら
いいね!お願いします!